Sponsorship

SUPPORT ATHLETE

   
 
西村 知乃 (Chino Nishimura)
 

主にアイアンマンで活躍するトライアスリート。

2013年よりトライアスロンを始める。

初のロングディスタンスとなるアイアンマンジャパン北海道ではエイジ総合優勝(プロ含め4位)を果たし、初めてアイアンマン世界選手権の切符を手にした。その後、アイアンマン世界選手権での表彰台を目標に本格的に活動を開始。

2017年のアイアンマンカナダでは、バイク・ラン共にアップダウンの激しいコースながら、自己ベストを大幅に更新する9時間57分39秒でゴールし、エイジトップ(プロ含め8位)でアイアンマン世界選手権の権利を取得。2017年アイアンマン世界選手権では、25-29エイジ5位入賞を果たした。

現在妊娠中につき、JISS(国立スポーツ科学センター)の妊娠期トレーニングサポートプログラムを受けながら、出産後の競技復帰に向けて取り組んでいる。グローバルでは出産後早期復帰する海外選手が多い中、国内の女性トライアスリートとして新しい道を切り拓くパイオニア的存在。

 

AMBASSADORS

   

 
岩淵 京 (Takashi Iwabuchi)
 

フルタイムワーカーながら、ロングディスタンス エイジカテゴリーのトップアスリート。大学まで野球一筋だったが、2013年よりトライアスロンを始める。初めて出場した2013年のアイアンマンカナダでは12時間かけて完走。

その後本格的に強くなりたいとトップアマチュアが集まるTeam TRIONの一員になり、激しいトレーニングに励む。

その結果、2015年のIRONMAN Malaysiaでエイジ2位に入賞、初めてのIRONMAN Kona(世界選手権)への出場権を獲得する。翌年もIRONMAN Canadaで出場権を獲得し、2年連続でアイアンマン世界選手権への出場を果たしている。

 

    

 
巽 朱央 (Akao Tatsumi)
 

デザイナーを目指し、アパレル会社でパタンナーとして働き、ランニングやトライアスロンとはまったく縁のない生活を送っていた2011年にランニングと出会い、2014年よりトライアスロンを始める。

2017年よりロングディスタンスをメインに大会に出場
2018年 宮古島ストロングマン 女子総合16位 年代別1位
2018年 ITU世界選手権ロングディスタンス エイジグループ代表で出場
2018年 佐渡国際トライアスロン大会Aタイプ 女子総合5位
現在、IRONMAN KONA(世界選手権)の出場権獲得に向けて絶賛トレーニング中。

Facebook
Instagram
Blog

 

    

 
吉川 哲雄 (Tetsuo Yoshikawa)
 

国内で唯一、Onのシューズを取り扱う飲食店「iro-hanaかふぇ食堂」の代表・シェフでもあり、トライアスリート

2012年に地元の徳之島大会でトライアスロンデビュー。
2014年はロング佐渡国際トライアスロンAタイプ完走。

現在は、IRONMANデビューと将来の目標でもあるKONA出場に向けて国内のレース経験を積みながら日々のトレーニングに励んでいる。
神戸エリアのトライアスリートとの繋がりも多く、「iro-hanaかふぇ食堂」のトライアスロンコミュニティも運営している。

「iro-hanaかふぇ食堂」の運営と、子供の少年野球のサポート、そして自身のトライアスロン、限られた時間の中で夢の実現に向けて日々全力で取り組んでいる。

「iro-hanaかふぇ食堂」
Facebook