サポートアスリート西村知乃選手レースレポート(アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン2019)

サポートアスリート西村知乃選手レースレポート(アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン2019)

Zone3サポートアスリートの西村知乃選手からアイアンマン70.3セントレアのレポートが届きました!

結果は見事エイジ女子総合優勝!プロ含めても6位という素晴らしい結果をおさめました。

西村知乃選手がレース使用したウエットスーツはWOMEN'S SLEEVELESS VISIONになります。

以下、 西村知乃選手からのレポートです!

 

 

アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン2019 報告書

 

大会名:IRONMAN 70.3 Centrair Chita Peninsula Japan

開催日:2019年6月9日(日)

開催場所:愛知県知多半島

距離:70.3mile[S: 1.2mile(1周回)、B: 90mile(4周回+α)、R: 13.1mile(1周回)]


結果:エイジ総合優勝(プロ含め6位)

記録:4:47:31 (S:31:40, B:2:41:14, R:1:28:25)

 

今回は、10月のアイアンマン世界選手権に向けて、現状を確認すること、可能な限り最後まで追い込むことを目標としていました。最近は短い距離のスピード系トレーニングを取り入れていることから、スピード耐性がついて地力がついてきていると感じていたため、バイクでいけるところまで攻めて走り、ランではその足でどこまで走れるかを試そうと考えていました。

しかし、レース当日は朝からかなり雨足が強く、テクニカルなバイクコースであることを考えると、バイクで攻めることは危険だと判断し、バイクでは安全第一に、ランで攻める走りができるように気持ちを切り替えました。

 

スイムはウェーブスタートで、エイジ女子は第10ウェーブで9時45分スタートでしたが、バイクトランジションが7時半にはクローズしてしまうため、その時間までに会場にいる必要があります。そのため、バイクの最終確認後は、スタートまでの約2時間強、雨の中屋根のあるところで身体が冷えないように暖かくして待ちました。
 今回はとにかく自分の力を出し切れるレースをすることを目標としていて、順位を意識していなかったためか、比較的落ち着いてスタートすることができました。バトルに巻き込まれることもなく、比較的良い感覚で泳げていましたが、最後のブイを回ってからフィニッシュ地点を見つけるのに手間取ってしまい、5年前に出たときよりも1分20秒ほど遅いタイムでした。

この時点で、エイジトップの選手とは3分ほど、プロの選手とは6分ほど差がついてしまっています。今よりも高いレベルで戦うためには、泳力の底上げが必須だと感じました。

バイクの前半は工業地帯道路16.4kmを4周回するコースで、道幅の狭いところや、折り返し・コーナーも多く、さらに排水溝やマンホールもあるなど、テクニカルなコースかつ天候も影響して、落車している人を多く見かけました。並走している集団や、折り返し地点での渋滞、追い越し禁止区間での減速など、なかなか自分のペースで走ることができませんでしたが、とにかく焦らず安全を心がけて走りました。周回コースが終わると、残りの24.7kmはアップダウンのある市街地や田園地帯を走りますが、相変わらずテクニカルなコースで、あまり気持ちよく走れませんでした。バイクは2時間41分、平均速度33.5km/hと、アイアンマンのペースになってしまいましたが、多くのエイジグルーパーがコースに溢れている、かつテクニカルなコースを考えると、うまく走れた方だと思います。

 

ランをスタートする頃には雨は止んでいて、気温も上がっていなかったので、とても走りやすい気候でした。バイクで追い込み切れなかったこともあり、走り始めは足取りも軽く、目標としていた1時間26分(4分6秒/kmペース)で走るべく、自分をプッシュして走りました。ランコースはバイクコースと異なり、前半はアップダウンが多く、走りがいがあるコースでしたが、もともとアップダウンがあるコースは得意としていたため、上りはリズムを意識して極力脱力し、下りでスピードにのれるような走りを意識しました。目標のタイムで走るためには、後半の平地でさらにペースを上げなければいけませんでしたが、平地に入ってから思うようにスピードをあげることができず、結局1時間28分(4分12秒/kmペース)かかってしまいましたが、エイジ女子総合優勝でフィニッシュすることができました。

 

バイクで追い込むことができなかったのは残念でしたが、3種目を通して、現状の確認を行うことができました。10月のアイアンマン世界選手権に向けて、計画的にトレーニングを行い、目標を達成できるように頑張りたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

<参考1:使用機材>

  1. ウェットスーツ :Zone3 Sleeveless Vision
  2. ゴーグル :Zone3 Vapour
  3. バイク :Bridgestone Anchor RT9
  4. ホイール :Specialized ROVAL CLX50
  5. タイヤ               :Continental Grandpix5000 25c
  6. コンポーネント :Shimano Dura-Ace Di2 (Rotor Crank)
  7. ヘルメット :Rudy
  8. バイクシューズ :Lake Shoes CX237
  9. ウェア               :Compressport Postual Aero Short Sleeve/Under Control Short
  10. キャップ :Compressport Trucker Cap
  11. ソックス :Compressport Pro Racing Socks V3 Run Low
  12. ランニングシューズ :On Cloudflash

 

<参考2:補給食>

  • バイク

ボトル:PowerGel 梅味×5個、Top Speed ウルトラミネラルタブレット×2個
(7割ほど摂取)

 

  • ラン

PowerGel Fruit マンゴパッションフルーツ×1個、Top Speed ×1個